シミができるメカニズム

シミができるメカニズム

美容を気にする女性の天敵だと思われているシミですが、本来は細胞を守ろうとして起こる反応です。シミの一番の原因は、メラニンの過剰発生です。紫外線を浴びる事で発生しますが、メラニンとは、アミノ酸の一種のチロシンです。このチロシンは、元々メラノサイトという細胞の中にいますが、紫外線を浴びて活性酸素が発生するとメラノサイトが活性化されます。メラノサイトはチロシナーゼという酵素を元気にしてしまい、この酵素がチロシンをメラニンへ変えてしまいます。活性酸素も体を守る為にありますが、過剰に発生すると自分を傷つけてしまいます。本来はターンオーバーによって外に排出されますが、ターンオーバーがきちんとされていないと肌に残り、シミとなってしまいます。

メラニンが正常に生成されている状態であっても、新陳代謝が乱れていればシミが出来てしまいます。原因は、ストレス、喫煙、間違ったスキンケア、睡眠不足、加齢、長時間のメイク、偏食、不規則な生活、ニキビ、やけどの痕、こすりすぎ、便秘、油のとりすぎ、過度な飲酒などがあります。

紫外線

また、最近はブルーライトが紫外線以上に肌に悪影響だという研究結果もあります。ブルーライトといえば目に悪いという認識を多くの方がお持ちかと思います。実際ブルーライト対策の眼鏡や目薬も数多く販売されていて好調な売れ行きのようです。ですが、眼鏡だけでは当然ながら肌全体を防げません。しかし現代社会では殆どの方がブルーライトを浴びる生活をしており、ある意味、紫外線よりも避けるのが難しいかもしれません。ちなみに日焼け止めではブルーライト焼けは防げないという実験結果があります。

どんな方でも、シミが出来るリスクはあります。放置しているとどんどん悪化してしまい、気付いた時には手がつけられない状態だった…となってしまう事もあります。シミに最も有効とされる成分がハイドロキノンです。出来てしまったシミを薄くしてくれ、予防する効果があります。肌の漂白剤と呼ばれるほど強力な効果です。日本で販売されているハイドロキノンクリームは配合が2%程度のものが多いのですが、海外では4%と、より高い効果のものが販売されています。通販で購入する事が出来る為、美白を目指す方は是非試してみましょう。