美白について

美白について

美容に関心のある女性なら、ほぼすべての方が美白に憧れているのではないでしょうか。「色の白いは七難隠す」と昔から言われていて、化粧品は「おしろい」と呼ばれていました。かつては日焼けした肌がもてはやされたこともありましたが、紫外線の有害性などもあり、男性でも日焼け止めを塗る時代です。また、日本人は黄色人種なので白人のような透き通った肌には憧れがあります。

美白は「肌を白くする」ことではなく、「白い肌を目指す」美容上の価値観の事です。自分の肌をそれ以上白くする事は出来ないので、本来の肌の色を保とうとしたり、黒くならないよう予防します。そのために大切なのは、まず日焼けによって出来るメラニン色素を少なくして、シミ、そばかす、くすみを防ぐ事です。特に多くの女性が気になるのがシミではないでしょうか。年齢とともに目立ち始め、肌の透明感が失われてしまいます。

シミが出来る原因はメラニンです。ですので、日焼け対策はとても大切です。また、最近は「ブライトニング化粧品」というものもありますが、美白とブライトニングの違いは、厚生労働省が認可した美白有効成分が含まれているかどうかです。含まれているものを美白、含まれていないものをブライトニングと呼びます。

ブライトニング

ブライトニングは肌のトーンを明るくすると謳われているものが多く、シミなどのケアの効果は薄いとされています。美白用化粧品も最近は多いですが、殆どのものはメラニンの生成を抑え、シミなどを予防する事です。つまり出来きてしまったシミやなどには効果がないのです。また、刺激が強いものが多く、敏感肌の方が使うと刺激になってしまう事が多いです。

出来てしまったシミなどに最も効果的と言われるのがハイドロキノンという成分です。肌の漂白剤とも言われていて、シミを薄くし、予防する効果があります。日本で販売されているものはハイドロキノンの配合率は2%程度ですが、さらに効果の高いものがほしい方は、配合率4%ハイドロキノンクリームがお勧めです。1日1回塗るだけでいいので簡単です。購入するには通販を利用しましょう。シミは悪化すると改善するのも難しくなってしまい、美容によくありません。早めに対処しましょう。