大人ニキビとは

大人ニキビとは

ニキビと言えば思春期の頃に出来やすいものとされていました。しかし最近は、様々な環境の変化や女性の社会進出などに伴って、大人になってもニキビに悩まされている方が増えています。

10代までにできるニキビは思春期ニキビと呼ばれています。思春期のホルモンバランスにより、皮脂分泌が過剰になってアクネ菌が増加する事でできます。おでこや鼻など、いわゆるTゾーンにできる事が多いです。また夏場にできやすいです。

一方、大人ニキビとは20歳以上になってできるニキビの事です。顔に出来る事から、美容面でも大きなマイナスになってしまいます。乾燥や忙しさやストレス、不規則な生活、生理前にできやすいなど様々です。ターンオーバーが過剰になって、角層が厚く積もります。すると毛穴がつまり、炎症が起きてしまいます。これが大人ニキビです。口元やあごなどのUゾーンにできる事が多いです。思春期ニキビとは逆に、冬にできやすいです。

ニキビと女性

ニキビはその時だけでなく、クレーターのようなニキビ痕となってしまう事もあります。しかも、大人ニキビは思春期ニキビとは違い、治りにくく、ニキビ痕ができやすいと言われています。これは若い頃に比べて新陳代謝が衰えている事が原因です。これは、さらに歳をとった際にシミの原因にもなってしまいます。若いころと違いターンオーバーが遅い為、シミになって肌に残ってしまいます。

大人ニキビは生活習慣が大きく関係しています。ストレス、睡眠不足、洗顔のしすぎなど間違ったスキンケア、保湿不足、偏った食生活、不規則な生活、喫煙、飲酒など様々な原因があり、対処方法は個人個人で異なります。

美容には日常の生活習慣がとても大切で、気をつける事でニキビはある程度予防できます。まずは生活習慣の改善をしてみて、それでもなかなか改善されない重症なニキビには、アキュテインやクリンダマイシンゲルなどの治療薬を利用してみましょう。ニキビは美容の面でもあってもいいことはひとつもありませんから、早めに薬で治療し、日常生活でも美容の為に気をつける事が大切です。